• HOME
  • 施設案内
  • 観光案内
  • アクセス
  • サイトマップ
  • 予約

HOME > 観光案内

施設案内

宮本屋

創業以来約50年、自家製味噌ダレと肉質にこだわり、「良い食材をより安く」をテーマに、食材は仲卸を一切せず、直接仕入れを行い、新鮮で安全な食材を提供しています。
また、焼肉だけではなく、朝鮮料理なども扱いメニューもぞくぞくと増やしています。

宮本屋のホームページはこちらから >>

和田金

松阪牛の顔ともいえる有名店。明治初期創業の松阪牛料理の老舗。広大な自家牧場を持ち、丹念に育てた極上の松阪牛が味わえます。なかでも和田金の看板料理といえば「すき焼」。美しいサシの入った霜降り肉は舌の上でとろけるような味わいがあり、一度食べたら忘れられません。

本居宣長記念館

本居宣長記念館は、財団法人鈴屋遺蹟保存会が運営管理する登録博物館です。 江戸時代の国学者・本居宣長の旧宅「鈴屋」を管理して公開し、展示室では『古事記伝』などの自筆稿本類や遺品、自画像などを公開しています。 また関連資料の収集や、宣長に関する調査や研究も行っています。

本居宣長記念館のホームページはこちらから >>

おかげ横丁

伊勢名物「赤福」が、『内宮の門前町「おはらい町」の中ほどで、約300年間変わらず商いを続けてこれたのも、お伊勢さんの「おかげ」』という感謝の気持を持って、平成5年7月に誕生させたまちが「おかげ横丁」です。  いわゆるテーマパークではないので、入場料といったものはありません。約2700坪の敷地内には、江戸から明治にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築・再現され、この地方の魅力が凝縮されており、三重の老舗の味、名産品、歴史、風習、人情まで、一度に体感していただけます。

おかげ横丁のホームページはこちらから >>

伊勢神宮

伊勢神宮は「お伊勢さん」とか「大神宮さん」とか呼ばれ親しまれて、日本人の心のふるさとになっています。 伊勢神宮は正式には「神宮」と呼ばれ、内宮(皇大神宮)と外宮(豊受大神宮)のほか別宮、摂社、末社など125社で成り立っています。これらの宮社は三重県下の伊勢市・松阪市・鳥羽市・度会郡・多気郡・志摩郡に御鎮座しています。

伊勢神宮のホームページはこちらから >>